Smart

増大する人事関連業務による長時間労働改善に人事労務管理システム

伸びをする女性

長時間労働や非効率な働き方は、今では社会的にも大きな問題と見なされ、多くの会社では、仕事の仕方、働き方の抜本的な見直し、改革を迫られています。長時間労働を改善する一つの方法として、適切なシステムの導入によって、同じ業務をこなすのに必要な時間を短縮するというものがあります。そのいい例が、人事労務管理システムを導入し、人事関連業務の効率化を図ることです。
人事や労務管理に関連する業務は、人員が多い会社ほど増える傾向があります。増大した業務を、従来と同じ人数で処理しようとすれば、当然、その業務にあたる社員は、長時間労働せざるを得なくなるでしょう。そこで、人事労務管理システムを導入して、増加した仕事を上手く他の社員に分散するという方法を取ります。例えば、新しく採用したスタッフの入社や配属に伴う業務を、人事スタッフが一括して請け負う代わりに、入社したスタッフ自身に一部担当してもらうわけです。入社や配属に当たって申請すべき情報をシステムに入力する作業などが、これに該当します。
このようにして、人事・労務管理関連業務の効率化・軽減を図れば、特定のスタッフの過重労働や長時間労働という問題もクリアすることが出来るでしょう。

人事労務管理システム導入で可能になるプロセス全体の改善

このようにすれば仕事の効率を上げることが出来ると分かっていても、それを可能にするツールがまだ開発・市販されていない場合があります。そんなときは、IT系に強い会社や、そのような社員がいる場合、自分たちで必要なシステムを構築してしまい、自社・セルフ開発品として活用しているケースがよくあります。人事や労務管理関連の業務についても、そのような発想から、自社開発システムを使って一部だけ電子化を進めているところもあるのではないでしょうか。しかし幸いにして、最近は人事労務関連の諸業務を一元的に管理できるより総合的なシステムが開発されています。是非機を見て、そのような人事労務管理システムを導入して、業務プロセス全体の改善を図ってはいかがでしょうか。
人事・労務管理関連の業務は、カバー範囲が広いことが特徴です。そのため、各業務に対応した社内の書式類の数も膨大なものになります。そして、それぞれの書式に特有の記載方法や承認・決済のワークフローがあるなどで、プロセスは複雑で分かりにくいものになりがちです。人事・労務管理関連業務を一元管理できるシステムがあれば、プロセス全体をよりスリムで分かりやすいものにできるでしょう。是非、利用してみることをおすすめします。

外回り社員が多い会社なら人事労務管理システム導入がおすすめ

外勤や出張で頻繁にオフィスを離れる社員が多い会社では、書類を使った手続きを必要とする業務の確認・承認、そして決済が遅れがちになるという悩みが多いです。特に、人事・労務管理関連の手続は、確認や承認がタイムリーに済まないと、採用が遅れる、給付金や手当の支給が遅れる、遅れるだけではなく、下手をすると支払いが出来ないなどのトラブルにつながることも多々あります。そんな悩みを解消できる一つの方法として、人事労務管理システムを導入して、業務の電子化を推進してみてはいかがでしょうか。
このシステムを使うと、人事・労務管理関連業務の申請も、確認・承認・決済も、それを担当する社員が、現在、物理的にどこにいるかは全く問題ではなくなります。システムにアクセスできる環境さえあれば、海外にいようと在宅勤務だろうと、或いは電車等で移動中でも、システム経由で自分に責任がある処理業務に対応できるからです。
人事労務管理システムを導入すれば、手続きの遅延に伴うトラブルは勿論のこと、それをめぐる社員間の調整業務やもめごとの仲裁など、付随して発生する非生産的な仕事も減らすこと出来、大変効率的です。是非、導入して活用することをおすすめします。


外回り社員が多い会社なら人事労務管理のシステムを導入してみてはいかがでしょうか? 株式会社エムケイシステムの【DirectHR】なら人事総務の業務が効率化できますよ!

人事労務管理関連手続きの迅速化が可能なシステムを導入しよう

ハートマークを持った女性

書類を使って手続きを進めるのに比べると、電子的な処理で話を進める方がはるかに迅速です。今は、何事によらず、よりスリムかつスピーディにという時代です。特に人材不足による採用難を考慮にいれると、なるべく少ない人員で多くの業務をこなせる社内体制を構築する必要があり、そのためにも、一つ一つの業務をより迅速に行うことが求められています。人事・労務管理関連…

TOP